本文来源:http://www.easytv.com.cn/a/xinxiang.esf.sina.com.cn/

吉林时时彩开奖走势图百度 www.easytv.com.cn,酱焖牛腩原料:牛腩配菜:胡萝卜2根土豆1个洋葱1个调味:花椒八角2个桂皮干辣椒2个冰糖酱2勺姜片蒜老抽盐做法:(1)牛腩用清水浸泡1个小时,去除血水,如果时间充足,浸泡2-3个小时也可以的。如何挑选牛尾:市场上一般将牛尾整条出售,购买后由销售人员顺骨缝剁成块,此外还有熟的牛尾罐头食品出售。

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

週末スペシャル

戸田覚が予測 2018年に来るデジモノ、来ないデジモノ

戸田 覚 2018/01/12 日経トレンディネット
出典:日経トレンディネット 2018年1月4日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、例によって年始の記事では、この1年間に流行するデジモノ、流行しそうと言われているけれど実は流行しないんじゃないかと思うデジモノを考えてみたい。

 僕が間違いなく“来る”と思っている、かつ欲しいと熱望しているのが、「iPhone X Plus」だ。勘違いのないように言っておくが、そんな製品はまだない。出てくるとしても名称は違うかもしれない。要するに「iPhone X」の大画面版が出てほしいと思っている。

 昨年11月にiPhone Xを購入し、これまで絶賛してきた。ただ、使い込んで評価が変わったのがバッテリーだ。iPhone Xのバッテリーの持ちが特に悪いというわけではない。だが、僕はずっと「iPhone 7 Plus」などのPlusシリーズを使ってきたので、比較すると持ちが悪いように感じるのだ。また、画面もやっぱり狭い(関連記事:iPhone Xを1週間使って分かったこと【すごい編】iPhone Xを1週間使って分かったこと【がっかり編】)。

 どう考えても大画面のニーズはあるわけで、しかも、ライバルの「Galaxy S8+」などの大画面モデルも店頭に並んでいる。ということで、iPhone Xの大画面版が“来る”のは間違いない。気になるのが登場時期で、果たして9月までかかるかどうか。春か夏のタイミングで、新しい「iPhone SE」と同時に登場しそうな予感がする。

 その際、指紋センサーがディスプレーに組み込まれるかもしれない。メーカー各社に話を聞いても「もうすぐだろう」という声が少なくないのだ。今、指紋センサーの位置は迷走中で、狭額縁モデルは背面に持っていくしかないのだが、カバーを付けたときに使いづらい。側面という手もあるが、それでは本体が厚くなってしまう。

 指紋センサーを組み込んだディスプレーが登場すれば、そんなジレンマは一気に解消される。ただ、iPhone Xの顔認証「Face ID」の精度に感動している僕としては、「もう指紋センサーはいらないな」とも思う。

iPhone X(右)と、iPhone 7 Plusの画面サイズを比較すると縦がやや短い
[画像のクリックで拡大表示]
Galaxy Note 8は背面に指紋センサーがある。使いやすい位置とは言えないし、デザイン的にもいま一歩だ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ パソコンは有機EL搭載モデルが増えてくる
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    CES 2018で感じた5つのインパクト

     2018年1月9日~12日に米国ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2018」。スタートアップ企業を中心とした取材から、「CESと縁のなかった企業の参入」「国対抗のイノベーション競争」など5つのトピックスを紹介する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る

上海快3基本走势图百科计划卐彩票双色球玩法计划卐上海时时乐开奖号码计划卐上海快3奖金图表 捕鱼达人单机电脑版 湖北快三统计走势图 韩国快乐8预测软件 江西快3开奖结果今天计划◎江西快3的246最大遗漏计划◎江西新11选五开奖结果计划◎江西麻将规则
北京极速赛车网站 牛牛私服 广东11选5走势图 天津快乐十分技巧 秒速赛车漏洞