閉じる

11选五开奖结果吉林|ニュース解説:IT

  • 富士通がシェアリングサービスに照準、脱SIを加速

    本文来源:http://www.easytv.com.cn/a/songyuan.zj.com/

    吉林时时彩开奖走势图百度 www.easytv.com.cn,受雾霾天气影响,短线游、探亲游、近郊游主导市场。“两证整合”改革的实施,简化优化了个体工商户登记注册环节,降低了创业者制度性成本,进一步激发了大众创业、万众创新活力,形成了市场主体持续快速增长的新常态。

     富士通が2018年6月から、洋服を貸し出す「アパレルシェアリング」向けの新たなITサービスに乗り出す。富士通は拡大する市場に照準を合わせて「脱SI」をもくろむ。

  • 京セラとそごう?西武がRPA導入、SMFLキャピタルは200体以上のソフトロボ

     京セラとそごう?西武がRPAの導入を進めていることが判明した。京セラは生産性倍増、そごう?西武は年600時間超の削減を狙う。リース会社のSMFLキャピタルは人工知能(AI)の開発に活用している。

  • 「名刺や会議、メールのムダを破壊せよ」、メルカリの研究組織が初イベント

    メルカリは2018年5月21日、同社の研究開発組織「R4D」による初主催のイベントを都内で開いた。同組織は2017年末に発足し、「Development(開発)」「Design(設計)」「Deployment(実装)」「Disruption(破壊)」という4つの「D」の要素を軸に研究開発を行っている…

  • デンソーが自動運転の重要技術、運転者の状態監視を後付けで

    デンソーは2018年5月15日、トラックやバスなど商用車向けに運転者の状態を監視するシステム「ドライバーステータスモニター(DSM)」を発売した。後付けのアフター品として実現したのが特徴だ。2014年から完成トラック?バスメーカーに納入を進めている従来品を改良し、カメラでの検知能力を高めて安全性を向…

  • IT大手の2018年度業績に明暗 富士通とNEC、見えぬ次の一手

     国内IT大手4社の2019年3月期業績は明暗が分かれそうだ。日立製作所とNTTデータは増収増益の見込み。一方の富士通とNECは減収減益の予想。稼ぐ事業の創出が急務だ。

  • やまぬサイトブロッキング騒動 NTTとカドカワ、2社長の思惑

     海賊版サイトへのアクセスを遮断する「サイトブロッキング」の騒動が続く。NTTが遮断を公表すると「通信の秘密を侵害する」と批判が相次いだ。拙速とも見える動きの裏にはカドカワ社長の働きかけがあった。

  • 交通機関のデータはトイレ難民を救うか、オープンデータ活用コンテストの成果

     首都圏の鉄道やバス、航空の事業者が公開したデータを活用したアプリやアイデアを競うコンテスト「東京公共交通オープンデータチャレンジ」の表彰式が2018年5月15日に開催された。公共交通事業者に継続的なデータの公開を促すため、早くも2018年7月に第2回のコンテストを開催する。

  • オラクルDBをリプレース、英会話NOVAが基幹系をIBMクラウドに移行

     英会話教室などの運営を手掛けるNOVAホールディングスは、英会話事業の基幹系システムのインフラを刷新し、自社で運用していたオンプレミスのサーバーを全て日本IBMのクラウドサービス「IBM Cloud」に移行した。データベース(DB)のリプレースも同時に実施した。

  • 世界が注目する新オフィス「WeWork」、東京で急拡大

     世界に320超の「コワーキングスペース」を持つ米WeWorkが今春、日本第1号拠点を開業。7月までに計6拠点へと急拡大する予定だ。多業種間の交流や協業を生むことが要となるこの事業に、国内企業も続々と参画している。

  • 富士通がデジタルアニーラ商用化、「実用性で量子コンピュータを超えた」と主張

     富士通は組み合わせ最適化問題を高速で解くことに特化した専用コンピュータ「デジタルアニーラ」の商用サービスを開始した。富士通がうたうデジタルアニーラのキャッチフレーズは「実用性で量子コンピュータを超える」。そのうたい文句通りに先行した量子アニーリングマシンを超える実力を備えるのか。

  • 新元号のIT対応、勝負は「公表前」の10カ月

     政府が新元号の公表日を2019年4月1日とする方針を決めた。企業や官公庁は改元日である5月1日までの1カ月間で情報システムの改元に伴うテストを完了させる必要がある。ただし公表前にもこなせる作業はある。システム担当者にとっては、公表前の残り10カ月をどう有効活用するかが勝負となりそうだ。

  • 工場IoTの主導権争い、新共同体エッジクロスにファナック陣営の壁

     工場におけるIoT化の促進を目指すEdgecross(エッジクロス)コンソーシアムは工場内のエッジコンピュータに導入して使うソフトウエアの提供を開始した。中核ソフトの投入で、ライバルであるファナック陣営を急追する考えだ。

  • NTTデータ新社長の本間氏、凡事徹底で世界トップ5入りなるか

     日経コンピュータの特報通り、NTTデータの本間洋副社長が社長に就く。評価したのはセブン&アイやファーストリテイリングの案件を獲った「実行力」。本間氏はNTT持ち株会社と軌を一にし、海外事業を拡大させる重責を担う。

  • 海賊版サイトのブロッキング、総務省が政府決定前に通信3社に実施要請

     総務省がNTT、KDDI、ソフトバンクの通信大手3社に対し、海賊版サイトのブロッキングの実施を内々に要請していたことが、日経 xTECHの取材で分かった。通信大手3社を真っ先に取り込むことで、一気に進める計画だったようだ。

  • Persistent Memoryの能力引き出す、MSやSAPがインテルに協力

     2018年5月17日、東京都内で「データセンター事業に関する記者会見」に登壇したインテルXeonプロセッサー/データセンター?マーケティング事業部長のLisa Spelman氏は、Intel Persistent Memoryのエコシステムが順調に整備されていることを明らかにした。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

もっと見る

吉林时时彩玩法介绍 香港赛马会现场直播开奖结果,赛马会基金,香港赛马会独平二中一,香港赛马会免费资料大小中特 顺丰彩票 一定牛福建11选5计划 打麻将技巧十句口诀视频直播○上海雀友麻将机价格○四川欢乐麻将全集官网
u彩彩票 澳门博彩网 河南快赢481开奖视计划 安徽快3助赢软件,快播3.0,北京快3走势图,湖北快3开奖结果 聚彩网大发计划群